ドローン空撮・各種メンテナンスのTSSDrone|神奈川県横浜市

【全国対応】ドローン空撮、各種メンテナンス業務ならTSS Droneにお任せください

cover

登録義務。

こんにちは!TS-SHINEの青木です。
 

今日は少し前の記事になるのですが、正式に確定したことなのでご報告いたします。

ずっと前から、ドローンの規制や法整備が改正されると噂されていましたが、

ついに国土交通省は、ドローンの機体登録を来年6月20日から義務化すると明らかにしました。

これにより、機体一つ一つに番号が割り当てられ、他機との識別が可能になった。

重さ100g以上の機体が対象で、これまで航空法による飛行規制の対象外だった小型タイプも含まれます。

所有者は氏名や住所、機体情報を国へ届け出るほか、機体への登録番号表示も求められる。

登録申請は今年12月20日からインターネットか書面で受け付けるとのことです。


航空法はバッテリーを含む重さ200g以上の機体を対象に人口集中地区や高度150m以上などの空域でドローンの飛行を規制していて、

小型でも性能向上により飛行可能距離が延びており、登録義務化と同時に規制対象も100g以上に拡大します。


ドローンが普及すればそれに伴い、事故や犯罪が増えていくと思われます。

それらを防止したり、抑制するためにも必要な措置かなと。

ただ法による締め付けが強くなればなるほど、ドローン分野の発展を阻害する原因にもなるので、そこのバランスを取りながら法整備を進めていく必要があるのかなと思いました。


 

2021年11月10日 14:16

株式会社TS-SHINE

〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台5-3-27
営業時間 9:00~16:30 / 定休日 土・日・祝日

TEL 045-294-4091

サブメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社TS-SHINEスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら